小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

予防接種のおすすめスケジュール

予防注射を受ける人のイラスト

予防接種のおすすめスケジュール

近年、予防接種の種類はたくさんあり、いつ何をうければいいか迷いますよね。

実は受ける時期にもとても意味があり、その疾患にかかりやすい年齢や月齢の前に予防接種が受けられるようにスケジュールされています。

今回は混乱しないためにズバリ(古い)おすすめスケジュールを記載致します。

できるだけ病院にかかる機会が少ないように記載しています。

 

予防接種のスケジュール

2か月:ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、ロタウイルス

3か月:ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、4種混合、ロタウイルス

4か月:ヒブ、肺炎球菌、4種混合

5か月:4種混合、BCG

8か月:B型肝炎

1歳:ヒブ、肺炎球菌、4種混合、MR、水痘、おたふく

1歳4か月:水痘

3歳:日本脳炎

3歳2週間:日本脳炎

4歳:日本脳炎

6歳:3種混合、MR、おたふく

9歳:日本脳炎

11歳:2種混合

小学6年生~高校1年生:HPVを3回

 

※ロタウイルスはロタリックス(1価)を想定しています。ロタテック(5価)の場合は4か月時にも受けましょう。

※6歳は小学校就学前です。

※おたふく、3種混合は任意接種となります。

※HPVワクチンは2価は1回目と2回目を1か月空ける。4価と9価は1回目と2回目を2か月空ける。3回目は1回目から6か月後に接種します。

 

家庭で気をつけること

予防接種は近年たくさんの種類があり、煩雑になっています。そのため打ち忘れてしまうことも少なくありません。もし、打ち忘れてしまった場合は遠慮せずにお近くの小児科へご相談ください。

予防接種で予防する病気はどれも子ども達に脅威である疾患で、かかると時に大きな後遺症を残す疾患ばかりです。子育ての合間で病院受診は大変であると思いますが、必ず接種することをおすすめします。

 

予防接種に関しては下記もご参照ください

www.kodomococoro.com

 

www.kodomococoro.com