小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

救急受診の目安・判断

f:id:kodomokokoro:20201012083730p:plain

救急受診の目安・判断

夜間や祝日に子どもの調子が悪くなった時、保護者であれば皆さんご心配になると思います。夜間や祝日受診時の処方は原則として1日分となりますので、緊急性がない場合には原則として翌日受診がおすすめです。

この「緊急性の有無」を判断するのが、非常に難しいと思いますので、判断のポイントを記載しようと思います。

 

救急受診した方がよい場合

<見た目が悪い>

・無表情であやしても笑わない

・機嫌が悪く、何をしても機嫌がよくならない

・グッタリして反応が乏しい

・泣き方が弱い、呼びかけに反応しない

<呼吸困難>

・横になると眠れない

・肩があがる呼吸、胸が凹む呼吸、鼻がヒクヒクする苦しい呼吸をしている

・息が苦しくてしゃべれない

・咳き込んで何度も吐く

・呼吸が苦しく水分がとれない

<循環不全>

・顔色が紫色、白色

・手足が異様に冷たく、皮膚色がまだら

・冷や汗をかく

<頭部打撲>

・直後に意識がなくなったり、意識がおかしい

・けいれんがあった、何度も吐く

詳細は下記参照↓

www.kodomococoro.com

<外傷>

・手足を強く打ち、その部位を動かさない、腫れが強い

 

救急車を呼ぶべき場合

・刺激してもグッタリして反応がなく、すぐ寝てしまう

・けいれんが5分以上続く

・意味不明の言動があり、異常な状態が1時間以上続いている

・呼吸が止まりそう、無呼吸が15秒以上ある

・全身の血色が悪い

 

救急受診のポイント

受診するか迷った時は#8000や医療機関に相談し、必要があれば受診しましょう。緊急性の有無に判断が迷う場合は、受診しましょう。受診して怒られることはありません。