小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

しもやけ

f:id:kodomokokoro:20201005083438p:plain

しもやけとは

主に手足の指が、繰り返し冷たい状態となることで、皮膚の小さな血管の血流が悪くなることで起こります。色が赤色や紫色に変色し、痛みや痒みが出現します。

 

似ている症状

・あかぎれ

冷たい状況と皮膚の乾燥により、皮膚にひび割れが起こる状態です。皮脂腺が少ない手の指に症状が出現しやすいです。

・凍傷

氷点下の状態に長時間さらされることで、組織が破壊されてしまった状態です。

 

治療

しもやけには主にヘパリン含有軟膏を用います。症状が重い場合には、血流を改善する「五積散」「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」などを使用することもあります。

 

ご家族の方へ

しもやけは予防することが大切な皮膚症状です。手足が冷たくならないように室温を調節し、手袋や靴下であたためてください。もし、少し赤みが出た場合には、手足を温かいお湯に5~10分つけ、水分をふき取った後にマッサージを行うと血流を改善する効果があります。