小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

アナフィラキシー

f:id:kodomokokoro:20200923084301p:plain

アナフィラキシーとは

免疫反応が過剰に起こってしまうことをアレルギーといいます。このうちアレルゲンとIgEの結合で起こるⅠ型アレルギー反応の急性な重篤な症状が起こることをアナフィラキシーと呼びます。原則として、皮膚症状、消化器症状、呼吸器症状、精神症状、循環器症状のうち2つ以上の症状が出ていることが多いです。

放っておいてしまうと命にもかかわる病気のひとつです。

 

原因

アナフィラキシーの原因として、鶏卵、ナッツ類、魚介類が多いが、その他にも蜂の毒素やラテックスやペニシリン系薬剤などが原因となります。

 

症状

アナフィラキシーの前兆として、喉の違和感、悪心、胸部不快感などが出現します。その後の症状は下記に記します。

皮膚症状:掻痒感、発赤、蕁麻疹などが局所または全身性に広がります。

呼吸器症状:鼻汁、くしゃみ、鼻閉、声枯れ、喘息発作、呼吸困難など

消化器症状:口唇浮腫、嘔吐、下痢、下血など

精神症状:不穏、昏睡、意識障害など

循環器症状:頻脈、四肢冷感、顔面蒼白、血圧低下など

 

診断

アナフィラキシーの既往がある場合の診断は比較的簡単ですが、初めての場合には全身症状を診て適切に判断しなければなりません。食物によるアナフィラキシーでは食べてから1分以内に症状が出現することもあります。一度症状が消失したあとに再び遅延性の反応が出現することがあるため、注意が必要です。初めて食べた食物など、入念な問診が大切になります。

 

治療

アナフィラキシーでは速やかにアドレナリンの筋肉注射が必要となります。アドレナリンは即効性が高い治療薬ですが、5分から15分ごとに反復して薬剤投与する必要があります。この間に点滴から抗ヒスタミン薬やステロイドの投与と補液を行い、呼吸器症状がある場合には酸素吸入と気管支拡張薬の吸入を行います。

アナフィラキシーの既往がある患者さんには自己注射用アドレナリン(エピペン)の適応が考慮されます。エピペンはアナフィラキシーが疑われる場合、即座に使用できるアドレナリン注射です。使用に際してはある程度の練習が必要になります。

詳しくはお近くの小児科でご相談ください。