小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

臍ヘルニア(でべそ)

f:id:kodomokokoro:20200622083000p:plain

臍ヘルニアとは

生後間もなくへその緒が取れた後に、おへそがとびだしてくる状態を臍(さい)ヘルニアと呼びます。 へそは、赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいるときに、栄養や老廃物をやり取りする管が通っていた穴です。

通常では生後、左右の腹筋の隙間が閉じて穴がふさがりますが、時々これがふさがらずに残ってしまうことがあります。これを臍ヘルニアと呼びます。

泣いたりいきんだりしてお腹に圧力が加わった時に、特に「でべそ」の状態になりやすいです。 大きく飛び出ていても問題になることはほとんどなく、1,2歳頃までに自然になおることも多い病気です。

 

治療

何もしないで経過観察する方法と臍ヘルニア圧迫療法があります。1歳以上で改善していない場合は、外科手術を行う可能性があります。おへその形が他の子どもと違うと、不安や自信がなくなってしまう子どももいるため、お子さんやご家族と相談して治療方針を決めることが大切だと思います。

圧迫療法は皮膚が荒れてしまって継続が難しいことが多いので、皮膚を休ませつつ圧迫治療を行うことが大切です。昼間だけ圧迫をして、夜は皮膚を休めるというのも一つの治療法になります。

専用の圧迫キットも販売されていますし、清潔なガーゼで圧迫したあとにテープで圧排する方法もあります。