小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

頭を強くぶつけた時の注意

f:id:kodomokokoro:20200619091423p:plain

子どもが頭を強くぶつけた時(頭部外傷)の注意

子どもが転んだり、高いところから落ちて、頭をぶつけた場合は、まず子どもの様子を観察することが大切です。

・意識がない、あってもボーっとしている

・泣かずに顔色が悪い

・吐き気や嘔吐をしている

・けいれんをしている

・呼吸の様子がおかしい

・頭痛が徐々にひどくなっている

・視力が落ちたり、手のしびれがある

このような症状があった場合、早急に必ず医療機関を受診する必要があります。

小さい子どもは、強く頭を打った時でも、症状がわかりづらいため、たとえ元気にしていても、2,3日はそばにいて目を離さないことが大切です。受傷後から徐々に症状が出現する場合にも、医療機関を受診しましょう。

 

頭部CTを行うべきかどうか

頭部CTは被ばく量が少なくない検査であるため、不要な頭部CTは避ける必要があります。

頭部外傷のための臨床診断アルゴリズムでは、アメリカのPECARN、カナダのCATCH、イギリスのCHALICEが有名です。詳細なアルゴリズムは割愛しますが、それぞれにおける頭部CTの推奨を記載します。

頭部CTを推奨する転落・墜落

PECARN:2歳未満では3フィート(0.9m)以上からの転落、2歳以上では5フィート(1.5m)以上からの転落

CATCH:3フィート(0.9m)以上、階段では5段以上からの転落

CHALICE:3m以上からの転落

頭部CT を推奨する外傷

PECARN:車外放出、同乗者死亡、横転事故、ヘルメットの無い自転車対車の事故

CATCH:バイク事故、ヘルメット無しで自転車からの転落

CHALICE:時速64㎞より速いスピードでの事故

 

頭部CTで異常が認められなかった場合であっても、後々症状が出現することもあるため、2,3日は注意して経過観察しましょう。