小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

百日咳

f:id:kodomokokoro:20200609093616p:plain

百日咳とは

百日咳は百日咳菌(Bordetella pertussis)という細菌によっておこる気道感染症のことです。1歳以下で感染すると重症化することが知られています。

 

症状

臨床症状は3段階に分かれます。

①カタル期(約2週間)

2週間程度の無症状な潜伏期間があり、その後かぜ症状(軽い咳、鼻汁)が始まります。徐々に咳嗽症状が強くなります。

②痙咳期(約3週間)

典型的には顔を真っ赤にしてコンコンと激しい発作性の咳嗽、最後にヒューっと音を立てて息を吸う発作になります。(スタッカートとウープ)

このような特徴的な咳嗽をレプリーゼと呼びます。発熱はあまり目立ちませんが、あまりに咳嗽症状が強いので、顔がむくんだり、目が充血することもあります。

また、1歳以下の子どもでは呼吸をとめてしまうこともあるので、特に注意が必要です。

③回復期(約3週間)

時おり発作性の咳嗽がでますが、徐々に回復していきます。

 

診断・治療

診断は、血液検査による抗体検査と培養検査があります。診断された場合は、抗生剤投与を5日間行います。

登園は、特有の咳嗽が消失するか、5日間の適正な抗生剤投与が行われなければなりません。保健所への届け出が必要な感染症ですので、必ず小児科に受診しましょう。

 

感染経路

飛沫感染によって口や鼻から感染したり、皮膚からの接触感染により感染します。

 

潜伏期間

5日~21日の潜伏期間を経て発症します。

 

予防接種に関して

母親からの免疫が十分でないため、1歳以下で感染すると重症化することが多いと知られています。予防接種開始前は年間に10万例の報告があり、その10%が死亡していました。現在でも年間1万人程度の報告がありますが、予防接種の影響で1歳以下の患者は減り、15歳以上の患者が増えています。

これを予防するために、中学校就学前に定期接種する2種混合ワクチンの代わりに3種混合ワクチンを打つことも認められています。(自費負担になります)