小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

熱中症

f:id:kodomokokoro:20200601131653p:plain

大分気温が上がってきました。あまり知られていませんが、梅雨の間や梅雨直後は気温よりも湿度が高いことにより、熱中症が例年増えます。

今回は、これから患者が増加する熱中症に関して記載します。

 

熱中症とは

熱中症は、気温・湿度が高い環境や激しい運動をしているときに、大量に汗をかき、体内の水分や塩分が失われたり、体温の調節機能がきかなることで発症する病気です。

 

症状

軽症の症状

汗はかいているが、平熱のまま変わらない。

・めまい

・筋肉痛

・手足のしびれ(足や手がつる)

・気分不快感

 

中等症の症状

汗をかいていて、発熱がみられる。

・頭痛 

・悪心

・嘔吐

 

重症の症状

汗をかけなくなり、意識障害もある。40度近い発熱がみられる。

・痙攣

・意識がおかしい

・発汗の停止

 

治療

①体を冷やして水分補給をする

冷房の効いている涼しい場所に移動し、横にさせます。首の両側、足の付け根、わきの下を保冷剤や氷で冷やします。(3点クーリング:太い血管が走っているため全身が冷えやすいです。)経口補水液のような塩分と糖分が入っている水分を補給します。

②発熱がみられる場合、水分補給ができない場合は病院を受診する

上記の中等症の症状がみられる場合は、原則として病院を受診することがおすすめです。解熱剤は熱中症の発熱を下げることは期待できないので、使用しない方がよいと思います。

③意識障害がある場合、痙攣などぐったり感が強い場合は救急車を要請する

上記の重症の症状がみられる場合は、救急車を呼ぶことをお勧めします。

 

家庭で気を付けること

熱中症を予防することが一番大切です!

熱中症は、真夏日だけでなく、梅雨の間の晴れている時期、梅雨明けにもみられます。気温が30度を超える日の運動は、特に注意しましょう。

子どもは遊びに夢中になると水分補給を忘れがちになります。保護者から水分補給を促すようにしましょう。

規則的な生活習慣、適度な運動も大切な熱中症の予防に重要です。冷房が効いている部屋にずっといるのではなく、適度に外出を習慣づけましょう。

日焼け対策としてベビーカーやフードのカバーがありますが、内部の気温が上昇することもあるため、使用する場合は細めに子供の表情をチェックしましょう。

車内や密室に子供を置き去りにしてはいけません。気温に関わらず、子供の安全を守るためにも絶対に避けましょう。