小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

おむつかぶれ

f:id:kodomokokoro:20200513134215p:plain

おむつかぶれとは

おむつかぶれは、小児科でよく相談をうける病気のひとつです。

おしりや会陰部が長時間にわたり、尿や便と接触することにより皮膚炎が発生します。症状を放置していくと、皮膚の発赤が強くなり、時に表皮剥離を起こしてしまいます。ひどいおむつかぶれがあると、排尿・排便の際に痛みから泣き叫んでしまうほどに悪化します。

皮膚炎が起こる原因としては、おむつ内の温度上昇、便中に含まれる消化酵素や細菌、尿中に含まれるアンモニアの刺激が考えられています。

時には、カンジタというカビ(真菌)が悪さをしてしまうこともありますので、早期に治療してあげることが重要です。

診断・治療

診断は、湿疹を視診することで行います。

治療の基本はスキンケアになります。

おむつかぶれの治療のポイント

・こまめにおむつを替えてあげる。

・お尻ふきで発赤が強くなるようであれば、ふろ場でシャワーで糞尿を流してあげて、清潔なタオルで股を拭いてあげることがおすすめです。

・最近ではお尻や優しいおしりふきなどが増えてはいますが、アルコールが入っていることがほとんどです。元々皮膚が弱い方には、発赤が増強することがあります。

おむつかぶれの治療薬

・清潔になった亜鉛華軟膏を厚塗りすることで、便や尿が直接皮膚に触れないようにガードしましょう。

・発赤が引かない場合は、アズノール(非ステロイド軟膏)やステロイド軟膏を一時的に使用し炎症を抑えます。

・前述したように、カンジダ皮膚炎を合併している場合は、ニゾラールクリーム(抗真菌薬)などを使用し除菌が必要になります。

 

おむつかぶれは治療を始めると1週間程度でよくなることが多いです。

治療を初めても改善がない場合は、真菌感染を合併してしまっている場合もありますので、お近くの小児科にご相談ください!