小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

薬を飲ませる方法

 f:id:kodomokokoro:20200511085046p:plain

薬を飲ませる方法

今日は子どもへの薬の飲ませ方について、記載しようと思います。

まず、小児科で処方される薬は主に3種類になります。

・シロップ剤

・ドライシロップ

・粉薬、細粒薬、顆粒薬

それぞれに関して説明します。

 

シロップ剤

私は、主に赤ちゃん~5歳程度に使用することが多いです。メリットとして粉薬が苦手な子でも飲めることがあります。

・スプーンで飲ませる

スープを飲ませる要領で飲ませます。スプーンは少し奥に入れるのがコツです。

・スポイトで飲ませる

正確に測った量をスポイトで吸い上げ、赤ちゃんの頬の内側に流し込みます。

・哺乳瓶の乳首で飲ませる

空の乳首を吸わせておいて、そのあとシロップを入れてあげる方法です。

注意としては、その哺乳瓶が嫌いになってしまう可能性があります。

・コップで飲ませる

少し子どもが大きくなったら、小さめのコップやマグに入れて飲ませるのも手です。

 

ドライシロップ

・そのままで飲ませる

そのまま口の中にさらさら入れてあげます。飲んだあとは、口の中に薬が残らないように、ミルクや水などを飲ませます。

・水やジュースなどに溶かして飲ませる

 

粉薬、細粒薬、顆粒薬

・ペースト状にして飲ませる

薬を小さな容器に出し、ごく少量の水やぬるま湯を加えてペースト状にねります。清潔な指の腹で取って、上あごにすりつけます。そのあと水やぬるま湯、哺乳などで飲ませます。

コツは舌の上には乗せないようにして、上あごか頬にすりつけることです。味覚をにぶらせるさめに、冷たいシャーベットなどと服用させるのもおすすめです。

・水に溶かして飲ませる

飲み残さない程度の量の水やぬるま湯に溶かして飲ませます。スプーンやコップなど、シロップ剤と同じように飲ませます。ただし苦みで全部飲まなくなることもあるので、溶かす量には気をつけましょう。

コツは服用直前に溶かすことです。特に水に溶かした場合は、時間が経過するとより苦みが強くなることが多いです。

・食べ物に混ぜて飲ませる

ジャム、ゼリー、ヨーグルト、プリンなど、子どもが好きな食べ物に混ぜて飲ませることもできます。甘いものや少し冷たいものが、飲ませやすいようです。ただし、量は子どもが食べきれる量にします。また、薬によっては混ぜると苦みが増すものがあるので、何となら混ぜていいのか、事前に薬剤師に確認しておきましょう。

ミルクに混ぜるとミルク嫌いになるので避けましょう。

 

団子を作る方法

ドライシロップと粉薬は、水を加えることによってお団子上にする方法もあります。

一般的には1gの粉薬に0.3 ml程度の水分がよいとされますが、薬剤によって適切な水分量が違うので注意が必要です。薬は小皿に入れて水分を1滴ずつ入れることになりますが、1滴~3,4滴が至適な量と思います。

 

色々頑張っても飲めない場合

薬が好きな子どももまれにいますが、ほとんどの子どもは薬を飲むことが苦手です。薬が上手に飲めなかったり、吐いてしまうことで薬を飲まなくなってしまう子どもも多いです。

薬が飲めずに困った時は、処方を受けた小児科に相談するようにしてください。薬を変えると味も大きく変わりますので、飲めるようになることもありますよ!