小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

RSウイルス

ウイルスのイラスト

RSウイルスとは

RSウイルスは、2歳までにほぼ100%の子どもが感染するウイルスです。特に、生後6か月以下の赤ちゃんに感染し重症化すると、細気管支炎や肺炎になる恐れがあります。(検査の保険適応は原則1歳までとされています。)

 

症状

咳や鼻水や発熱などの症状が多くみられ、ゼーゼー、ヒューヒューと息苦しくなることがあります。経過が長くなることも多く、1か月程度かけゆっくりよくなることもあります。

 

診断・治療

診断は、鼻から綿棒を入れて迅速検査を行います。RSウイルスに対しての特効薬はないため、症状をやわらげる感冒薬、気管支を広げる吸入薬や鼻汁吸引などを行います。最近では、RSウイルスに類似した症状をおこすヒトメタニューモウイルスも注目されています。(治療法はRSウイルスと同様です。)新生児や乳児の感染では、無呼吸となる場合は入院して経過を診る必要があります。

登園は、熱が下がり、咳や鼻汁症状がよくなり、哺乳力がいつも通りに改善していれば構いません。

 

感染経路

飛沫感染によって口や鼻から感染したり、皮膚からの接触感染により感染します。

生きている間に何度も感染することが知られています。

 

潜伏期間

4日~6日の潜伏期間を経て発症します。

 

家庭で気を付けること

・哺乳  

鼻づまりが強いため、いつもより少量をこまめに与えましょう。痰や鼻水がからんで嘔吐してしまうことがあります。可能であれば、自宅でも寝かせる前や哺乳前に鼻汁吸引をしましょう。

・お風呂 

発熱時は脱水となりやすいので、温タオルで拭いてあげる程度にしましょう。

・感染  

子どもだけではなく大人にもうつることがあります。手洗い、うがいに努めましょう。

 

早めに受診した方がよい場合

・呼吸が荒く、顔色やくちびるの色が悪くぐったりしている場合。

・哺乳がほとんどできず、おしっこが半日以上でない場合。