小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

マイコプラズマ

咳で菌が飛んでいるイラスト

マイコプラズマとは

マイコプラズマは長期間乾いた咳が続くことが特徴的で、肺炎や気管支炎などの呼吸器感染症をおこします。他の病原菌と違った構造をしているので、一般的な抗生物質が効きづらいことがあります。

症状

発熱、咳の症状をおこします。熱が下がった後も咳症状が長く続くことが多いです。時々、全身性に発疹がでてくることもあります。

診断・治療

診断は、のどの粘膜を綿棒でこすることにより迅速診断ができます。治療は、抗生物質と症状を改善する感冒薬を使用します。最近では、抗生物質が効きずらい(抗生剤に耐性をもつ)マイコプラズマが増えてきています。そのため、完全によくなるまで時間がかかる場合もあります。また、点滴による治療が必要な場合には、入院が必要となります。

登園・登校は、熱が下がり、咳症状がほぼ改善し、元気になれば構いません。

感染経路

飛沫感染によって口や鼻から感染したり、接触感染も起こすといわれています。

感染は短時間の暴露では起こりづらく、濃厚接触が必要と考えられています。

潜伏期間

2~3週間と長い潜伏期間を経て発症します。

家庭で気を付けること

①食べ物 咳症状が強い場合は無理に食事を与えずに、塩分と糖分を含む水分を

     中心に摂りましょう。

②お風呂 水分摂取が少なければ、温タオルで体は手早く拭いて着替えをするだけ

     にしましょう。

③感染  手洗い、うがいに努めましょう。感染している本人もできる限りマスク

     をつけて他の家族にうつさないようにしましょう。

早めに受診した方がよい場合

・咳症状が強くて、水分や薬を飲むことができない場合。

・4日以上高熱が続いてグッタリしてきた場合。

・全身性に発疹がでてきた場合。