小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

プール熱(咽頭結膜炎、アデノウイルス感染症)

プールサイドを走る子供達のイラスト

プール熱とは

アデノウィルスを病原体とする、のどの痛みが強く、目やにがたくさん出る感染症です。プールでの感染は現在ほとんどありませんが、夏に流行することが多いためプール熱とも呼ばれています。

 

症状

発熱、のどの痛み、目の充血や目やにが主な3つの症状です。40℃近い高熱が4,5日続くこともあります。腹痛や下痢、嘔吐の症状がでることもあります。

 

診断・治療

診断は、のどの粘膜を綿棒でこすることにより確定します。治療は、アデノウィルスへの特効薬などはないため、発熱が続く方には解熱鎮痛剤、のどの痛みが強いかたには腫れ止めやうがい薬などを使用する対症療法を行います。

まれに乳児が感染をすると、のどの痛みから全く水分がとれなくなり、点滴による水分補充が必要となる場合があります。

登園・登校は、症状がなくなってから2日経過したら構いません。

 

感染経路

飛沫感染によって口や鼻から感染したり、接触感染も起こすといわれています。

アデノウイルスの感染力は強力のため、家庭内でもよく消毒することが大切です。

次亜塩素酸ナトリウム液での消毒が推奨されています。

 

潜伏期間

5日から6日の潜伏期を経て発症します。

 

家庭で気を付けること

・食べ物 

のどの痛みが強いため、熱いものや辛いものを避けて、のどごしがよいものをあげましょう。

・お風呂 

水分摂取が少なければ、温タオルで体は手早く拭いて着替えをするだけにしましょう。体を温めるとのどの痛みも増強します。

・感染

手洗い、うがいに努めましょう。

 

早めに受診した方がよい場合

・発熱が4日以上続き、水分があまりとれていない場合。

・嘔吐、下痢症状が強く、水分がとれない場合。

・乳児が感染したと考えられる場合。