小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

おたふく風邪のイラスト

おたふくかぜとは

ムンプスウイルスの感染によっておこる病気です。流行性耳下腺炎という病名で、耳の下の唾液腺が腫れ、一時的におたふくのような顔になってしまいます。

 

症状

両側、もしくは片側の唾液腺が腫れ、飲み込み時の痛みや発熱の症状を起こします。予防接種をしていると、感染しても症状が現れないこと(不顕性感染)が30%くらいとされています。

 

診断・治療

診断は、診察による症状で診断します。おたふくかぜの症状を何度も繰り返す方には、血液検査や尿検査を行います。(反復性耳下腺炎という似た病気があります。)治療は、発熱に対して熱さましを使用するなど、対症療法になります。合併症として、無菌性髄膜炎(10%程度)、難聴(0.01%程度)精巣炎や卵巣炎(思春期以降の10%程度)などがあり、慎重に経過を見る必要があります。

登園・登校は唾液腺の腫れが起こってから5日を経過し、発熱がなく元気になったらよいとされています。

 

感染経路

くしゃみや咳によって、口や鼻から感染します。

 

潜伏期間

2~3週間(平均18日)の潜伏期間を経て発症します。

 

家庭で気を付けること

・食べ物

熱いもの、辛いものを避け、のどごしがよいものにしましょう。

・お風呂

温まると痛みが強くなるため、長風呂は避けましょう。

 

早めに受診した方がよい場合

・腫れ始めてから1週間経っても腫れが引かない場合

・頭痛が強く、何度も嘔吐してしまう場合

・発熱が5日以上続く場合

・精巣を痛がる場合

・耳の聞こえが悪いと感じた場合