小児科医による子どもの病気解説

病気で困っている子ども、パパママへ

開業に向けてYoutubeチャンネル開始

開業に向けてYoutubeチャンネル開始 今年の秋から冬を目標にクリニックの開業を考えています。 その名も「コアラ小児科(仮)」です。 キャラクターをウサギにしていたのですが、2転3転してコアラになりました。 柔らかいイメージで地域に根付いた小児科を目…

先天性皮膚洞

先天性皮膚洞 おしりのエクボ(ディンプル)が深い場合、先天性皮膚洞の可能性があります。頻度は2500人に1人で深さがくも膜下空まで進展していると髄膜炎の原因となることもあります。深さだけでなく、潜在性二分脊椎症の合併がないかが重要となります。潜在…

予防接種のQ&A③

病気で長期療養していた場合の予防接種 2013年から長期療養など特別な事情で予防接種を受けられなかった場合、その特別な事情がなくなった日から起算して2年を経過するまでの間は定期接種の対象者となります。特別な事情としては ①下記の疾患 (ア) 重症複合…

気管支喘息の呼気中NO濃度

気管支喘息の呼気中NO濃度 2013年より呼気中NO(一酸化窒素)濃度が測定が保険診療として可能となりました。測定方法は簡単で機械に向かって一定時間息を吹き込むだけで測定が可能です。呼気に含まれるNOの濃度を測定することで気道の炎症を評価できます。 呼…

気管支喘息の吸入方法

気管支喘息の吸入方法 ①ドライパウダー定量吸入器の吸入方法 まず準備ですが、ディスカスは水平にしてレバーを押します。タービュヘイラーは垂直にして回転グリップを回します。スイングヘラーは垂直にしてレバーを押します。次に、器具に呼気をふきかけない…

気管支喘息の危険因子

気管支喘息の危険因子 今回は気管支喘息の発症・増悪の危険因子を個人因子と環境因子で分けて記載します。 気管支喘息の概論に関しては下記参照ください↓ www.kodomococoro.com 気管支喘息に関わる個人の因子 家族歴 両親が喘息の場合、その子供が喘息を発症…

気管支喘息の吸入療法

気管支喘息の吸入療法 吸入療法では、気道の炎症や狭窄部位に効率よく薬剤を到達されることで良好な治療効果が得られます。ただし、正しい種類の吸入器を購入し、正しい吸入方法を習得する必要があります。 吸入機器の種類と特徴 1.ネブライザー ①ジェット…

先天性風疹症候群

先天性風疹症候群 風疹の総論に関しての記載は下記をご参照ください↓ www.kodomococoro.com 妊婦が妊娠16週頃までに風疹にかかると、母体のウイルス血症により運ばれた風疹ウイルスが胎盤に感染します。胎盤で増殖した風疹ウイルスは血行性に胎児に感染し、…

HPVワクチン(ヒトパピローマウイルス)②

HPVワクチン ヒトパピローマウイルスは子宮頸がんの原因ウイルスであり、毎年3000人もの命を奪っているウイルスです。 事実① HPVはありふれたウイルスで8割の男女が一生に一度は感染します。 事実② 子宮頸がんのうち95%以上はHPVの感染が原因です。 事実③ 中…

大人でかかると怖い予防接種の感染症

大人でかかると怖い予防接種の感染症 ・麻疹 子どもでは、1歳と小学校入学前に受けるMRワクチンで予防します。空気感染することでも知られ、現在でも数年に1回流行することも知られている感染症です。 ワクチン未接種の場合がウイルスに感染すると高い確率で…

予防接種のQ&A その②

予防接種のQ&A その② 予防接種後の注意事項はありますか? 予防接種後のアナフィラキシーや血管迷走神経反射は接種後の30分以内に起こることがほとんどです。通常接種後30分は経過観察が必要となります。生ワクチンは特に4週間、不活化ワクチンでは1週間、…

予防接種のおすすめスケジュール

予防接種のおすすめスケジュール 近年、予防接種の種類はたくさんあり、いつ何をうければいいか迷いますよね。 実は受ける時期にもとても意味があり、その疾患にかかりやすい年齢や月齢の前に予防接種が受けられるようにスケジュールされています。 今回は混…

予防接種の種類

まず最初に大事なことなのでお伝えします。 予防接種のための受診は、不要不急の外出ではありません。コロナウイルス感染症以外の感染症も流行がみられますので、適切な時期に予防接種を受けましょう。小児科では感染対策をとっている病院・クリニックがほと…

予防接種について

予防接種とは 赤ちゃんや子どもは病気に対する抵抗力が未熟です。生まれる前にお母さんからもらった免疫抗体も、生後半年程度で弱くなってしまいます。その後に特殊な病気にかかってしまうと、重い後遺症や、命がおびやかされたりすることがまれにあります。…

予防接種のQ&A その①

予防接種のQ&A 予防接種を行う際に疑問に思う点を記載していこうと思います。 予防接種をすればその病気にならないか? 予防接種をすると、摂取した方の多くは免疫を獲得しますが、その免疫効果は100%ではありません。ワクチンによって得られる免疫の獲得率…